脱毛サロンの返金保証制度は2種類ある!返金額の計算方法

返金保証制度と聞くと、「使用した後も効果がないと感じた場合、1カ月以内であれば、全額返金します」というような化粧品やサプリメントといった商品の返金保証制度をイメージしがちです。

ですが、脱毛サロンは商品を売るのではなく、サービスの提供を行うため、残念ながらこのような「サービスは受けたけれど返金してもらいたい」という制度を設けているところはとても少なくなっています。

脱毛サロンでは2種類の返金保証制度がある

  1. 施術を受けて効果がないと感じた場合の返金保証
  2. 途中解約で残り回数分に対しての返金保証

返金保証制度はほとんどが2のように、途中解約時の「残り施術分に対しての返金」となっています。1のようなお試しができるサロンは少ないので「返金保証制度」という名前だけで判断しないで中身も確認しましょう。

返金トラブルを避けるため事前に返金ルールを確認しよう!

契約するときはメリットばかりに目が行ってしまい、解約や返金についてのルールを見落としてしまうことがあります。

エステサロンの解約による返金トラブルは増えているので、事前に「1回当たりの施術金額がいくらになるのか」「返金を受けられる期限」の2点を必ず確認しておきましょう。

また、契約を検討しているサロンがあれば、過去に解約している人の口コミをチェックするのも一つの方法です。

カウンセリング時には解約ルールについても確認しておくようにしましょう。解約についてきちんと説明してくれるサロンなら返金トラブルになることも少ないはずです!

[最終更新日]  [公開日] 2018/6/24

ミュゼは効果がなければ返金してくれる

「じゃあ、効果がないから返金してもらえる制度があるサロンってまったくないの?」と疑問を持たれた方も多いかもしれません。

実はミュゼプラチナムにはひとつだけ全額返金保証制度がついているプランがあります。

それが両ワキ美容脱毛完了コース。満足いくまでワキを何度でも脱毛できるというコースです。

ミュゼの詳細はこちら

ミュゼは他にもいろいろなプランがありますが、全額返金されるのはこのコースだけ。契約日から1年以内に解約した場合、お一人様1回限り、全額返金となっています。

全額返金なんてすごい!と思いますが、こちらのプランは税込3,600円という格安コース。この金額なら、全額返金してもサロン側にはそれほど影響がないのかもしれませんね。

途中解約で残り回数分(未施術)が返金保証

脱毛サロンの一般的な返金保証制度がこちら。なんらかの理由で脱毛のプランを解約したいとなったとき、サービスを受けていない分に関しては返金されるという制度です。

計算方法は

返金額=支払総額-(1回あたりの施術料金×利用回数)

となります。

例えば、ミュゼの全身脱毛バリューコース 6回 78,750円を2回施術した時点で解約するなら、1回当たりの施術料金 78,750÷6=13,125 ×2回 =26,250 

78,75026,25052,500円が残りの金額となります。

回数プランは返金期限が決まっている場合も

無制限プランのように契約期間が長い場合、返金を受けられる期限が決まっていることがあります。

例えば、キレイモの「スペシャルプラン」は永久保証、通い放題で、税込み350,000円。ただし、返金対象は18回まで、かつ5年となっています。

通い放題プランの返金期限が分からないときは、契約書を確認してみましょう。

解約手数料は残りの金額×10%!

ただし、ほとんどのサロンで解約手数料を請求しています。

解約手数料の計算方法は、未使用の施術料金×10%

上限は2万円となっています。どんなサロンでも2万円以上解約手数料を請求することはできないので、覚えておきましょう!

ミュゼの場合、解約に伴う違約金、手数料はありません。これは大きなメリットと言えるでしょう。

キレイモの月額制は返金がない代わりに解約手数料もない!

分割払いではなく、月謝タイプの月額制プランのあるキレイモ。キレイモでは回数プランの場合、解約手数料が発生しますが、月額制の解約をする場合、解約手数料は発生しません。

ただし、返金もないので注意してくださいね。

キレイモの解約。月額制、回数プランの解約に必要な手続きやクーリングオフの方法とは

キレイモの解約。月額制、回数プランの解約に必要な手続きやクーリングオフの方法とはキレイモの解約手続きの方法は月額制、回数プラン、通い放題プランなど契約内容によって異なります。月額プランを最短でやめたいときは、どんな点に注意すればいいでしょうか?ここではキレイモの解約のしかたや解…

1回も施術を受けずに解約する場合の返金額

こちらはサロンや支払い方法によって返金額が異なります。

契約してから8日以内であれば、クーリングオフ制度が利用できますが、それ以降は「中途解約」となってします。

施術1回も受けていない場合でも、解約手数料を請求するサロンであれば返金額は少なくなります。

例えば150,000円のプランを施術なしで解約する場合、150,000-(150,000×10%)=135,000円が返金額となります。

ただし、脱毛ラボは「サービス提供前の解約手数料は20,000円」となっているので、注意してくださいね。脱毛ラボの解約手数料

ミュゼプラチナムは施術を1回も受けていない場合、受領した金額を全額返金。解約手数料や違約金はナシです!

ローン契約ならローン会社への解約手数料が発生する

多くの方は一括払いではなく、ローン契約での分割払いになると思います。

信販会社を通して分割払いの契約をしているとサロンの解約手数料とは別に、クレジット解約手数料が請求され、返金額から差し引かれる場合があります。

クレジット解約手数料の金額は信販会社によって異なるので、信販会社に問い合わせましょう。

クーリングオフ制度を利用すれば、全額返金される

契約して8日以内に「やっぱり解約したい」と思ったときは、クーリングオフ制度を利用できます。こちらは全額返金されます。

クーリングオフ制度適用の条件は以下の通りです。

  • 契約金額が5万円以上、かつ契約期間が1ヶ月を超える契約
  • 契約書面が交付された日から8日以内の契約

クーリングオフするときには、8日以内に契約解除通知書を書面で送付します。

はがきでもOKですが必ずコピーを取り、控えが残るよう配達記録または簡易書留で送るようにしてください。

信販会社と分割払い契約をしているときには、脱毛サロンだけではなく信販会社にも契約解除通知書を送ります。

クーリングオフ制度を利用すれば、違約金や手数料を支払うことなく、全額返金を受けることができます。

脱毛サロンの解約・クーリングオフの手続き方法!返金額とよくあるトラブル

脱毛サロンの解約・クーリングオフの手続き方法!返金額とよくあるトラブル脱毛サロンの解約方法からクーリングオフの具体的な手続きを脱毛サロン別で紹介しています。中途解約の条件や解約でよくあるトラブル、ローン契約時の解約手数料や返金額など事前に理解しておきたいことをまとめま…

一時的に通えないだけなら休会もできる

「脱毛は続けたいけれど、一定期間通えなくなりそう」そんなときは、各サロンの休会制度を利用するという方法もあります。

解約すると返金額が少なくなってしまう場合、休会を挟んで脱毛を完了させた方がお得というケースも。

妊娠した方や留学やお仕事の都合で一時的に通えないだけの場合、休会も検討してみてください。

まとめ・脱毛サロンの返金保証制度

脱毛サロンでは途中解約する場合、「未使用の金額は10%の手数料を差し引いて返金」する返金保証制度があります。

サービスを受けたあとに全額返金されるという制度はミュゼの「両ワキ美容脱毛完了コース」3,600円のみ。他は全額返金されるわけではないので注意してくださいね!

また、脱毛サロンによっては1回当たりの施術金額が予想していたより高く設定されていて、返金額が少ないということもあります。さらにクレジット契約をしている人はクレジット解約手数料がかかることも。

最終的にいくら返金されるのか、事前に確認してか解約手続きを取るようにしてくださいね。

脱毛サロンは2社掛け持ちで格安に!おすすめはミュゼとの組み合わせ

脱毛サロンは2社掛け持ちで格安に!おすすめはミュゼとの組み合わせ脱毛サロンの格安プランやキャンペーンを駆使する脱毛サロンの掛け持ち。ワキやVラインといった部位のお得なプランがあるミュゼをベースに、どのサロンのどのコースと掛け持ちするのがおすすめなのか?掛け持ちで施…

脱毛サロン

医療・クリニック

家庭用脱毛器

脱毛の基本

おすすめ